ロゴ

地域1番店を目指して

頚椎ヘルニア、腰椎ヘルニア、後天的脊柱管狭窄症、すべり症、分離症の腰の慢性の痛みのことなら札幌市白石区にある整体サロンへ
回復にお困りの方や改善が難しい現状の方。(初期症状で手指で押すと疼痛を感じるがレントゲンではわからない等も)

店舗詳細

スタッフブログ

続・外反母趾の怖さ…

前回は外反母趾とはどのようなものなのかをお話させていただきました!!
では外反母趾の影響によって起こりうるケースについて今回はお話ししたいと思います!

1  主なケース
(1)片足に痛みのケース
外反母趾により痛みがある足をかばい、反対の足に重心を多く掛けるようになり、その反対の足の負担が増え外反母趾となる。
もしくは踵に体重を乗せて歩くことにより、膝や股関節、腰などが痛み始める。

(2)両足に痛みのケース
両足の母趾球に体重を乗せなくなるため、踵側への後重心や、小指側への外重心となるため内股やO脚になり、膝や股関節、腰などが痛み始める。

(3)痛みのないケース
症状は進行していなくても、歩行などに影響を与えるため、下半身のバランスが不安定になる。
また、そのバランスを上半身が補おうとするため、肩こりや頭痛など悪影響を及ぼす。

など様々でこれらもほんの一部にしか過ぎません。

結果的に、外反母趾は初期症状のようなものです!!
それをきっかけとして身体のバランスを少しずつ崩して、膝痛、腰痛、股関節痛、肩こり、頭痛、めまい、猫背、不眠、肥満、冷えなどを引き起こす。
またその逆も少なくありません。
上半身の不調から歩行に影響を与え足裏に掛かる負担が変化するため外反母趾へ。

見るべきところは痛いところだけではありません!
身体全体を見ていないと重大な欠点を見逃してしまいます!

まずは自分の身体を知ることです!!

2    保護者の方へのお知らせ(笑)
外反母趾は大人だけの問題ではなくなり、
近年では子供の外反母趾が激増している状態にあります!!
よく今の子供は身体が弱いなどと言われますが、時代とともにライフスタイルも変化し、親は子供の健康について過敏になってきています。
子供はより安全で快適になっていく生活の中、運動機能は衰え、あらゆる抵抗にも弱くなってしまいます。
そのため、身体の土台である足裏も発達せずに結果として外反母趾に、そして大人と同様に、肉体的な面だけでなく、自律神経失調症により精神面にも異常を伴うこととなります。

身体の土台は足裏!!

人生の土台(スタート)はもちろん幼少期から!!

どんな些細な不安や悩みでも変えるきっかけになります!
ぜひ一度お気軽にご相談下さい!

トレーナー  中島

札幌 整体サロン
http://seitaisalon.net/