ロゴ

地域1番店を目指して

頚椎ヘルニア、腰椎ヘルニア、後天的脊柱管狭窄症、すべり症、分離症の腰の慢性の痛みのことなら札幌市白石区にある整体サロンへ
回復にお困りの方や改善が難しい現状の方。(初期症状で手指で押すと疼痛を感じるがレントゲンではわからない等も)

店舗詳細

スタッフブログ

☆腰椎の動作☆

ヘルニアを患っている患者様で最も多い発症部位は
腰椎4番~5番。次が腰椎5番~仙椎1番。
ここが原因の方が多く見受けられます。

今まで椎間板ヘルニアについての説明や、
当院の治療法などをお伝えしてきましたが、

そもそも、なぜその部位が痛くなるのでしょうか?

脊椎の中で腰椎は5つあり、全身を支える要でもあります!

普段の何気ない行動と腰椎の関係には
運動力学的にそれぞれ役割があるんです!

腰椎
1番 →上下運動

2番 →左右運動

3番 →回旋運動

4番 →開閉運動

5番 →前後運動

と、
この様に動きによって
焦点となる腰椎が違うのです!

その中でも
5番の前後運動は、

前屈、お辞儀など、脚を伸ばした状態で
上半身を下げる上げるの動きに大きな役割を担っています。

4番の開閉運動は、

骨盤が開いたり閉じたりする動きを指します!

しゃがんだり、
椅子に座る・立つ時
寝ているとき、
リラックスする時・集中する時、生理時期や出産など

常に骨盤は開閉しています!

4番、5番の動作は、人間の行動の中でもとても多くされる動作なので、
ここへの負荷が強くなります。

骨盤周辺の筋肉が萎縮し、骨盤が歪んでいる状態で
この動作を続けると、腰痛やギックリ腰になり、悪化すると
ヘルニアへと進行してゆくのです。

当院では、
4番へのアプローチと5番へのアプローチの治療は違います!

さらに1番~3番へもそれぞれ違います。

それを組み合わせて、お一人お一人に合わせた治療をしております!

今回は、ヘルニアそのものから視点を変え、
腰椎と動作の関係を1部ご紹介させて頂きました!

身体って不思議ですね!

トレーナー 清野

札幌 整体 サロンhttp://seitaisalon.net/