ロゴ

地域1番店を目指して

頚椎ヘルニア、腰椎ヘルニア、後天的脊柱管狭窄症、すべり症、分離症の腰の慢性の痛みのことなら札幌市白石区にある整体サロンへ
回復にお困りの方や改善が難しい現状の方。(初期症状で手指で押すと疼痛を感じるがレントゲンではわからない等も)

店舗詳細

スタッフブログ

椎間板ヘルニアに手術は必要か?

椎間板ヘルニアは、

腰骨の間のクッション材の役割をする「椎間板」が
変形して飛び出てしまい、
神経を圧迫する状態をいいます。

また、画像診断でヘルニアと判断されても、
それが、即痛みとして出てくるとは限りません。
長い期間、無症状のまま、
ヘルニア塊が自然に無くなる、
または、縮小することがない訳でもありません。

腰痛の85%は原因不明だといわれ、
残りの15%の内、
椎間板ヘルニアが原因であると
特定できるのは

僅か5%程度に過ぎないといえます。

椎間板ヘルニアと聞くと、
即手術が必要と思いがちですが、
実際は手術が必要な「病的なヘルニア」は
極少数です。

診断する方法としては、
「神経学的検査」と「画像検査」
で挙げられます。

神経学的検査は、
安静時の感覚や筋力に異常がないかを確認するために、
身体を詳しく診察していく物です。

筋肉の力を、
一つ一つ確認した上で、
皮膚の感覚を注意深く調べて、
筋力低下や麻痺がないかどうかを診断します。
例としては、
膝頭などを軽く叩く等して、
反射や手足の協調運動も診ていくというのが挙げられます。

こちらの検査は、どちらかというと
私達整体の分野に近いものとなり、
実際の整体の治療の際も、
反射をみながら
原因を特定し確認し、
治療を進めていきます。
話は、戻りますが、
次に、画像検査。
MRIやCTが利用して、それを診て診断しますが、

画像検査で椎間板ヘルニアが確認出来たとしても、
前述致しましたが、
病的な痛みに結びつくとは限りません!

検査画像にショックを受けて、
急いで手術を受けたいと思う人も多いと思いますが、
神経学的検査の結果とも照らし合わせていくことで、
検査画像の結果が腰痛の原因なのか特定する必要があります。

とはいっても、
自身で判断するのは
難しいですよね。
病院の他に
整体等の選択肢も視野に入れていただくことをお勧め致します!

大きなヘルニア程、自然消滅しやすいというデータもあり、
ムダな手術を避けることも
できるのです。

また、ヘルニアになりやすいタイプとして、
以下のものが挙げられます。
①腰部に負担のかかりやすい職業
(運搬業や職業ドライバーなど)
②喫煙・肥満
③遺伝的要因
等があります。
上記の条件に思い当たる方、
若しくは突然の腰痛と、
お尻の片側から足にかけて痛みや痺れが出て、
歩行に障害が出た方、
そして、ヘルニアと言われ悩んでいる方は、
一度当院に相談されては如何でしょうか。

スタッフ一同、皆様のお力
になれるように
日々ヘルニアに
向き合っております。

トレーナー 下保

札幌 整体サロン
http://seitaisalon.net/