ロゴ

地域1番店を目指して

頚椎ヘルニア、腰椎ヘルニア、後天的脊柱管狭窄症、すべり症、分離症の腰の慢性の痛みのことなら札幌市白石区にある整体サロンへ
回復にお困りの方や改善が難しい現状の方。(初期症状で手指で押すと疼痛を感じるがレントゲンではわからない等も)

店舗詳細

スタッフブログ

その脚の痺れの原因はどこ?

椎間板ヘルニアといっても、
そのヘルニアが常時神経を圧迫しているとは限りません。
重度のヘルニアの場合は別ですが、
多くは
ヘルニアとその周辺の筋肉の萎縮による圧迫が原因で発症しています。

主な流れは
筋肉萎縮する。
骨格歪む。
椎間板圧迫される。
このまま生活する。
筋肉萎縮の度合いが強まる。
骨格の歪み強まる。
椎間板の圧迫増し続ける。
いつしか椎間板飛び出て
腰椎(頚椎)ヘルニアになる。
よって脚(腕)に痺れが現れる。

となれば、
筋肉を弛緩させ
骨格の歪みを改善すれば、
それ以上、ヘルニアが悪化することはなくなり、
ヘルニアが自然と吸収される手助けができます。
温存療法ができる範囲のヘルニアやの方、
姿勢によって痺れの度合いが違う方などは、
筋肉整復で改善できる可能性は高いです!

ここで、1つ大切な事は、
どこの椎間板が どの神経を圧迫しているかです。

例えば、
お尻から脚の外側部から足底まで痺れが出ている場合
L5神経根が圧迫刺激される
腰椎4番と5番間でヘルニアが発症していると考えます。

種類としては、
脊柱管内で神経を圧迫する
正中型ヘルニアや
後外側型ヘルニアと呼ばれる症状です。

しかし、L5神経根が圧迫されるのはここだけではありません!

腰椎5番と仙椎1番間のヘルニアでも、
出る場所によってはS1神経ではなく、L5神経を圧迫します。

それは、
脊柱管より外側の椎間孔内外でのヘルニアです。

椎間孔内で圧迫する
外側型ヘルニアや

椎間孔外で圧迫する
超外側型ヘルニアです。
この様に、場所や方向角度によって原因は様々で、
更にヘルニア2ヶ所あったり、
狭窄症やすべり症が合わさっていたりすると、更に原因は難しくなります。

なので、
MRIを撮りお医者様に確実な診断をしてもらい、
ご自身の痺れの原因を細かく把握する事が大切です!

いったん痛みが治まり月日が経てば
腰椎の何番だったかな~??
と忘れてしまう事もあると思います。

でも、同じ姿勢や生活から
また痺れを発症してしまう恐れもありますので、
筋肉整復で身体の歪みを改善し、
腰椎に負担のかからない身体にしていきましょう!

トレーナー 清野

札幌 整体 サロンhttp://seitaisalon.net/