ロゴ

地域1番店を目指して

頚椎ヘルニア、腰椎ヘルニア、後天的脊柱管狭窄症、すべり症、分離症の腰の慢性の痛みのことなら札幌市白石区にある整体サロンへ
回復にお困りの方や改善が難しい現状の方。(初期症状で手指で押すと疼痛を感じるがレントゲンではわからない等も)

店舗詳細

スタッフブログ

ヘルニアによる筋力低下!?

足の親指人差し指 周辺が
痺れるような、感覚が鈍いような。
歩いてる時つま先を上げずらく
ペタペタ歩く様になった。

この様な症状の時に最初に考えるのは、
腰椎椎間板ヘルニアによる
L5神経圧迫か腓骨神経麻痺です。

痺れや感覚が鈍いと言ってもヘルニアとは限らないのです!

ヘルニアによりL5神経が圧迫されていると
下腿(膝から足首まで)の外側から足の甲から親指にかけて感覚が鈍くなります。
そのため、筋力も低下し、力が入らなくなります。

では、腓骨神経麻痺とは、

腰椎に異常はなく、直接腓骨神経が圧迫され障害をきたした時
同じ様な症状が現れます。

腓骨神経は
膝の外側にある出っ張っている骨、
腓骨頭(あぐらの姿勢をした時に当たる骨)の後ろを巻きつくように足先へ
伸びている神経で

仰向けで寝たきりの日々が続いたり
腓骨頭骨折や膝ケガ、
ギプス固定での圧迫や普段の座り方や姿勢により、

その神経が直接圧迫され
感覚が、鈍くなり
スネの筋肉の筋力低下から、
つま先を、上げずらくなります。

他にも、原因となる病状はありますが、
この様に、

足が痺れる=ヘルニア

とは限りません!!

どこが原因なのかをしっかり
把握し治療する事が大切です!

脚に違和感を感じた時は、

まず焦らず、どこがどう痺れるのか、
どの様な動きがしずらいのか、痛いのか、
ご自身でも確認してみて下さい!

そのお話と、私どもの触診で
原因を見つけて参ります!

トレーナー 清野

札幌 整体 サロンhttp://seitaisalon.net/