ロゴ

地域1番店を目指して

頚椎ヘルニア、腰椎ヘルニア、後天的脊柱管狭窄症、すべり症、分離症の腰の慢性の痛みのことなら札幌市白石区にある整体サロンへ
回復にお困りの方や改善が難しい現状の方。(初期症状で手指で押すと疼痛を感じるがレントゲンではわからない等も)

店舗詳細

スタッフブログ

成長ホルモンの大切さ!

成長期にも成人後にも成長ホルモンはとても魅力的なものです!

今回は成長期にもたらすホルモン効果をお話し致します!

成長期(10代)と言えば
身長が伸びろーー!なんて思っていませんでしたか??

実は身長を伸ばす為には
成長ホルモンの影響が大きく関わっているんです!

成長期の子供の脚の骨には、
骨端線と言う骨を増殖・成長させる細胞があり、
この骨端線が
成長ホルモンの作用を受けて
グングンと骨を縦に伸ばし
身長を伸ばしていたのです!

なので、
成長ホルモンの分泌量を高めて上げる事が大切です!

最も分泌量が多い時間帯は、
寝ているときで、
寝てから約3時間は
特にホルモン濃度が高いと言われておりますので、
成長期は寝る時間を十分にとる必要があります!

寝る子は育つ!ですね!笑

更に、
適度な運動をする事で
寝つき良く、深い睡眠ができれば
成長ホルモンの分泌量を増やす事が出来ます!

ゲームに夢中で夜更かしの生活は
身体にも、身長にもあまりよろしくないんですね!
他に大切なのは、
栄養です!
骨や筋肉を作るタンパク質
骨を丈夫にするカルシウム
それらの吸収・代謝を良くする
マグネシウムや亜鉛などのミネラルを多く摂取するようにしましょう!

ちなみに、
タンパク質は体内に入ってから消化により分解されて
アミノ酸になってから栄養素の働きをしてくれます!

なので
タンパク質を多く含む食品の中でもアミノ酸になる率が高い食品は魅力的ですね!
それは、
卵や大豆、豆腐、納豆や
マグロ、サーモン、イワシや
しじみ、あさり
鶏肉、牛肉、豚肉
牛乳やプロセスチーズなどがあげられます!

牛乳やチーズなどの乳製品や
枝豆納豆、イワシや煮干し
しじみや干しエビ、
ひじき、わかめ昆布などは
カルシウムやマグネシウムを多く含む食品になります!

お野菜と共に、卵、牛乳 大豆 お肉、お魚をバランス良く食べる事をお勧め致します!

成長期は
もりもり食べて、
沢山運動して、
たっぷり寝て
成長ホルモン分泌を促し
丈夫な骨格を作ってあげましょう!

次回は、
成人後にもたらすホルモン効果をお話し致します!
トレーナー 清野

札幌 整体 サロンhttp://seitaisalon.net/