ロゴ

地域1番店を目指して

頚椎ヘルニア、腰椎ヘルニア、後天的脊柱管狭窄症、すべり症、分離症の腰の慢性の痛みのことなら札幌市白石区にある整体サロンへ
回復にお困りの方や改善が難しい現状の方。(初期症状で手指で押すと疼痛を感じるがレントゲンではわからない等も)

店舗詳細

スタッフブログ

若年性椎間板ヘルニアとは

これまで椎間板ヘルニアについて、

ご紹介してまいりましたが、

今回は若年性椎間板ヘルニアについてご説明致します。

椎間板ヘルニアは、
椎間板を構成する髄液と線維輪の老化により起こるため、
高齢者の方がかかるイメージが強いです。

しかし当院には十代、二十代の若い方も多くご来院されます。

この年代のヘルニアは、
[若年性椎間板ヘルニア]と呼ばれ
分類されております。

若年性椎間板ヘルニアになると
・立てなくなる程の激痛

を訴える方が多く、
実際に動けなかったことがあると
教えて下さった方もいらっしゃいました。

原因として、
椎間板の内圧があげられますが
十代、二十代の日常生活での
椎間板の内圧は、高くなることが多い為、
神経を強く圧迫してしまい
結果激しい痛みに繋がります。

「内圧が高い」という事は
椎間板への負荷が強いということで
以前のブログの
「ヘルニアと姿勢」
で負荷が強いタイプのヘルニアとして紹介した
膨隆型、
穿破脱出型
が多くみられ、

膨隆型の特徴として挙げた
・若い人に多く見られる
・痛みは発生時は軽度だが徐々に痛くなる
・症状が長期的

といった特徴が
まさに
若年性椎間板ヘルニアの症状と一致します。

また、穿破脱出型の特徴である
・立てないほどの激痛
・足に痺れが起きる
・症状は激しいが数か月で治る
等特徴を以前挙げましたが、
「立てなくなる程の激痛」
を訴える方は、穿破脱出型の可能性を考えます。

若い年代の方は、線維輪の老化も少ないため
突出する事が少ない反面
膨隆型からのヘルニアが
多いことがいえます。

そしてそれは、
自然治癒が難しいとも
いえると思います。
現状の傾向として若年性椎間板ヘルニアは、
基本的には安静にすることや、
コルセットなどの装具をつけて負担を軽減させることや、
ブロック注射による治療など
保存療法で治していくことが多いです。

手術で痛みを取り除くことも勧められると思いますが、
痛みの結果を取り除いても、
原因となる根本部分を改善しないと
若い年代は、特に再発が起こりやすいので
安易に手術の選択だけではなく、
先ずは、セカンドオピニオンとして
相談頂きたいと思います。

筋肉整復を受けていただくと、
激しい痛みが出ている場合でも、
間接的にヘルニアの部位を弛緩させていき、
連動している筋肉、関節を緩めていく治療も可能ですし、
腰椎の椎間板にかかる内圧を軽減させていくことで、
神経の圧迫も解消することが可能です。

そして、手術で取り除けない要因を見極め、
足首から膝、股関節の角度を正しく整えると
骨盤のズレが修正され根本的な改善にも繋がります。

結論として若年性椎間板ヘルニアの早期改善に繋がっていきます。

上記の内容に心当たりがある方や、
病院に行くまでではないと後回しにしている方も
一度当院に相談されては如何でしょうか。
健康な身体造りを一緒に目指していきましょう。
トレーナー 下保

札幌 整体サロン
http://seitaisalon.net/