ロゴ

地域1番店を目指して

頚椎ヘルニア、腰椎ヘルニア、後天的脊柱管狭窄症、すべり症、分離症の腰の慢性の痛みのことなら札幌市白石区にある整体サロンへ
回復にお困りの方や改善が難しい現状の方。(初期症状で手指で押すと疼痛を感じるがレントゲンではわからない等も)

店舗詳細

スタッフブログ

ヘルニアと筋力の低下

腰椎ヘルニアは
下肢の激痛をもたらすので治療は
初期から痛みに対する治療になります。

もちろん安静も必要です。

約2週間くらいの急性期を過ぎると、痛みは感じるものの耐えられないような痛みではなくなります。

痛みの緩和の仕方は個人差が大きですが
これはヘルニアによる神経根の
圧迫程度の違いや
痛みに対する個々の感受性の違いも
関係します。

いずれにせよ、
急性期の激痛が緩和される頃から
下肢のしびれが気になりだし
これは痛みが軽減したことで

それまで隠されていた
しびれの感覚が表に出て来る場合と

神経根の障害が
進んだ場合とがあります。

注意しなければならないのは
後者であります。

ヘルニアによる神経根の圧迫が強い場合でも、

時間と共にヘルニアの症状は軽減しますが

その代わりにしびれや筋力低下が進み始めます。

筋力低下は余程進まない限り
本人は自覚しません。

本人が筋力低下を
自覚する頃には
かなり筋力が落ちているものなのです。

中には一度落ちた筋力が再び回復する場合もありますが
これは痛みがなく動ける様にならないと回復はしません。

腰ヘルニアは馬尾や神経根などの
神経組織を圧迫して症状を出す病気です。

痛くなり動きに制限ができ
動かなくなると筋肉の伸縮運動がなくなり
筋肉の萎縮が強くなっていき
萎縮が強くなると
神経組織の圧迫も強くなり
痛みも強くなるという悪循環ができてきます。

まずは
痛みを取り除くことが
ヘルニアの回復の一歩です。

ヘルニアの方はもちろん
腰痛の傾向にある方も
これから腰の病気の予防として

筋力低下を防ぐために
動ける身体を作っていきませんか!

是非ご相談下さい(^^)

トレーナー  安藤

札幌 整体 サロン
http://seitaisalon.net/