ロゴ

地域1番店を目指して

頚椎ヘルニア、腰椎ヘルニア、後天的脊柱管狭窄症、すべり症、分離症の腰の慢性の痛みのことなら札幌市白石区にある整体サロンへ
回復にお困りの方や改善が難しい現状の方。(初期症状で手指で押すと疼痛を感じるがレントゲンではわからない等も)

店舗詳細

スタッフブログ

整体サロン 鎖骨骨折から肩こり・肩関節周囲炎

先日、鎖骨骨折してから、
肩こりが辛いとのご相談がありました。
美容師と言うお仕事柄 手や腕が大切と思われがちですが、

鎖骨もとても大切な所なのです!

よく聞く肩関節とは、
主に肩甲骨と上腕骨からなる
肩甲上腕関節と言う部分になりますが

腕を動かすには鎖骨も使っているんです!

胸骨と肩甲骨をつないでいるのが 鎖骨です!

なので胸骨・鎖骨・肩甲骨(肩甲帯)で腕を支え

更に
胸骨と鎖骨をつなぐ胸鎖関節
鎖骨と肩甲骨をつなぐ肩鎖関節
肩甲骨と上腕骨をつなぐ肩甲上腕関節

これらの関節が連動して腕を動かしているのです!

鎖骨には主に
僧帽筋・三角筋・大胸筋・胸鎖乳突筋などの筋肉が繋がっています!

なので、
ご相談のあったこちらの患者様は
鎖骨を骨折した事で、
これらの筋肉が損傷・炎症から萎縮
し肩関節の巻き込みが強くなり
腕は上げずらく(肩関節屈曲)
髪をカットする際の腕の動き(外転、外旋・内旋)にも痛みや張りを伴い
肩関節の可動域は狭くなり
更に肩甲骨周辺の筋肉に負担がかかる事で
肩凝りが悪化したものと考えられます。

中には
このまま使い続け、月日が経ち
肩関節周囲炎になったと言う方もいらっしゃいました。

骨折時は安静にして頂き、
完全にくっついたら、癒着・萎縮した筋肉を伸ばし、

拘縮した関節の可動域を戻しながら、筋力をつけて行くことが大切です。

骨がくっ付く前に、腕を動かしたり、
お仕事休めないからと、固定を外したりと無理をすると、
骨はつながらず偽関節になる可能性もありますので、

骨の為には焦らず動かさず、その時を待つ事をお勧め致します!

その後のリハビリには、筋肉の為に ぜひ当院へお越し下さい!

トレーナー  清野

札幌 整体 サロンhttp://seitaisalon.net/