ロゴ

地域1番店を目指して

頚椎ヘルニア、腰椎ヘルニア、後天的脊柱管狭窄症、すべり症、分離症の腰の慢性の痛みのことなら札幌市白石区にある整体サロンへ
回復にお困りの方や改善が難しい現状の方。(初期症状で手指で押すと疼痛を感じるがレントゲンではわからない等も)

店舗詳細

スタッフブログ

整体サロン 筋膜性疼痛症候群と脊髄腫瘍

以前ご紹介した「椎間板ヘルニアと筋膜」で

「筋膜性疼痛症候群」という椎間板ヘルニアと
間違われることのある病気があるとご案内致しましたが、
今回はそれを更に掘り下げたご説明させていただきます。

筋膜性疼痛症候群(MPS)

症状は痛みと痺れが主な病状で、
痛みが出る場所は、
全身ではなく、片側の肩、首、腰、片側の脚など
特定の個所(時には複数箇所)で起きることが多いようです。
痛みというとレントゲンや、CT、MRIでの骨の画像診断が主でしたが
近年エコー検査により筋膜の厚みや、
ひきつれ等が確認出来るようになり、
筋膜性疼痛症候群(MPS)が、
病名として確立されてきました。

椎間板ヘルニアと類似している症状として
両脚に痺れが出るのではなく、片脚に起こる。
痛みの感じ方は、歩行、座る事、立つ事など
日常生活を困難にするほど強い痛みが
でることが多いという点が挙げられます。

しかし二つの病気は症状は類似していますが、
原因は異なります。

椎間板ヘルニアは腰への継続的かつ過度な負担がかかり、
椎間板の線維輪にヒビが入り髄核が飛び出した物が
神経を圧迫することにより痛みや痺れが起きるに対して、

筋膜性疼痛症候群は、
筋肉に負荷がかかりすぎたことにより、
筋膜や、筋肉に厚みができ、
そこから拡散して痛み痺れが広がっています。

上記のように自覚症状があっても別の病気であることがあります。

他にもその様な病気があるか気になり調べてみました。

次の病気も間違われやすいようです。
それは「脊髄腫瘍」という病気です。
名前の通りに脊髄付近にできる腫瘍であります。

この腫瘍が出来ることによって、
神経に影響を与えてしまい、
広範囲な痺れや痛みが起こります。

症状としては歩行障害や排尿障害など
椎間板ヘルニアと同じ物が挙げられます。

脊髄腫瘍は原因が特定されていないですが、
良性のものが多く手術で摘出して完治が可能のようです。

まとめますと、
以前ご紹介した「椎間板ヘルニアと筋膜」でも
ご案内したように激しい痛みや痺れが出ていても
椎間板ヘルニアと限らないこともあります。

当院ではヘルニア専門として治療しておりますが、
まず整形外科などで腫瘍の可能性がないか。
又は他の病気がないか確認をしていただいております。

加えて、手技で治らない範囲で気づかずに
治療に入ってしまうことがないように気をつけております。

もしも病院で筋膜性疼痛症候群や、
脊髄腫瘍と診断を受けられ、
治療をされていても
セカンドオピニオンとして
筋肉整復の整体を取り入れていただくこともご検討下さい。

又病院に行かれて原因が分からなくてお困りな方や、
触られるのも辛い人なども連動している
筋肉、関節を緩めていく治療も可能ですし、
腰椎の椎間板にかかる負担を軽減させていくことで、
神経の圧迫も解消が可能です。

またそれ以外のことで、
お困りな方も一度当院に相談されては如何でしょうか。
健康な身体造りを一緒に目指していきましょう。

トレーナー 下保
札幌 整体サロン
http://seitaisalon.net/