ロゴ

地域1番店を目指して

頚椎ヘルニア、腰椎ヘルニア、後天的脊柱管狭窄症、すべり症、分離症の腰の慢性の痛みのことなら札幌市白石区にある整体サロンへ
回復にお困りの方や改善が難しい現状の方。(初期症状で手指で押すと疼痛を感じるがレントゲンではわからない等も)

店舗詳細

スタッフブログ

整体サロン 正中型ヘルニアとは

これまで私がご紹介して参りました中で

「椎間板ヘルニアのタイプの解析2」のように、

ヘルニアの突き出る程度により
脱出型、突出型、穿破脱出型、遊離脱出型と分類してきましたが、
今回は突き出る「方向」についてご説明させていただきます。

椎間板ヘルニアは突き出る方向によっても分類可能になります。

分類する基準の一つして背骨にある脊髄中枢神経の通り道である脊柱管があります。

この脊柱管内で神経を圧迫する場合、二つに分類する事が可能です。

1 正中型ヘルニア(後正中型ヘルニア)

正中型ヘルニアは、
背骨の真後ろに突き出てしまう椎間板ヘルニアであります。

神経に当たりにくいため
主な症状は、
「腰の痛み」
です。

背中から腰を丸めると
痛みが強くなるのが特徴です。

しかしヘルニアが大きい場合は脊髄の神経を圧迫し、
馬尾神経症状という排尿・排便障害などが発生する場合があります。

因みに馬尾とは、腰の部分の神経が仙骨からいくつかに分かれている神経で
見た目が馬の尻尾に見えるためそう呼ばれている部分になります。

こちらの症状は重度の場合は早期に手術が必要と言われておりますが、
度合いによっては当院の筋肉整復で負担を軽減しております。

また、触診の段階であまりにも症状が悪ければ、
手術を提案することもございます。

手術をするか迷われている方は当院を利用されてから
手術をするか否か決めてみては如何でしょうか?
他の症状として
・痛みを自分の意志でコントロールできる場合が多い
・神経の圧迫が少ない
・吸収されずらい為治りにくい。

等があげられます。

2 傍正中型ヘルニア(後外側型ヘルニア)

次に、背骨の真後ろではなく左右どちらかに突き出るものは、
傍正中型と分類されております。

症状は、
・神経への圧迫が多い
・圧迫の強さから移動に制限あり
・痛みの他、痺れがある

等が挙げられます。

健常者の半数はヘルニアに分類されるともいわれております。

ヘルニアの診断や、
この分類を正確にするためにはMRIが必要不可欠になります。

病院でのMRIの所見を
写真や携帯のカメラ等で
ご持参頂ければ
当院での治療計画を
より良い状況で
ご提示させて頂けます。

また、MRIに関する資料をお持ちでない方は
どこが痛くて、どこからどこまで痺れていて、
どの様な動作で痺れがでるのか、痛いのかなど
わかる範囲の現状をなるべく詳しくお話頂けると助かります!

しかし、現状の把握のためMRIが必要と判断した場合、
お願いする場合もございます。

筋肉整復で筋肉弛緩・関節拘縮を取り、
腰椎の椎間板にかかる負担を軽減させていくことで、
症状の軽減をしてまいります。
一人でも多くの方の身体の辛さが改善できるように日々精進していきます。

上記以外のことでお悩みの方もセカンドオピニオンとして
整体サロンをご利用をしては如何でしょうか。
どうぞお気軽にご相談ください。

トレーナー 下保
白石区 整体 サロン
http://seitaisalon.net/