ロゴ

地域1番店を目指して

頚椎ヘルニア、腰椎ヘルニア、後天的脊柱管狭窄症、すべり症、分離症の腰の慢性の痛みのことなら札幌市白石区にある整体サロンへ
回復にお困りの方や改善が難しい現状の方。(初期症状で手指で押すと疼痛を感じるがレントゲンではわからない等も)

店舗詳細

スタッフブログ

整体サロン  その猫背はどこから?またどこへ?

「猫背」と聞くと、姿勢が悪い・肩がこりやすい・腰を痛めやすいなどのイメージを持ちやすいですが、そもそも猫背とはどのようになり、またどのような症状を生み出してしまうのか、ということでお話させていただきます。

まず、猫背とは一般的に、背骨を構成する頸椎・胸椎・腰椎の三箇所が、身体の側面から見ると緩やかなS字の曲線を描いている状態ですが、胸椎の部分が突出して大きく曲がり過ぎてしまい、前のめりになってしまうものを言います。

原因として、姿勢を支えていけるだけの背中の筋肉が発達していないから、と記述されているものが多く、またそう思い込んでしまっている方も多々いると思います。

猫背になりやすい身体の歪みのパターンをいくつか紹介させていただきます。

①骨盤前傾型
身体の前後の筋肉のバランスが均一ではないことで、背骨を支える骨盤が前に傾き反り腰となってしまい、身体の重心を保つため背中の湾曲が大きくなり首が前へ突き出すこととなる。
主に、大腿四頭筋が強くハムストリングが弱いため、上半身と下半身を繋ぐ大腰筋の萎縮が強く骨盤が前に傾いてしまう。
女性では高いヒールの靴を履く方などに多く見られる。

②骨盤後傾型
身体の背面の筋肉が強く、また柔軟性を欠いていることで骨盤が後ろに傾き、腰が後ろに引けるため背中が丸みを帯び、本来背骨が描くS字の湾曲が浅くなるため腰や首のゆとりが少なくなる。
主に、現代社会に多い、デスクワークや運転など座り時間の増加や、運動不足による筋力低下などによるものが大半である。
生活習慣などから生まれやすいため、若年層であっても増加傾向にあります。

③巻き肩
猫背の方に多く見られる傾向です!
骨盤の歪みと腕の回内からの内旋により
肩関節が内側に入ってしまう「巻き肩」になり
かなり腕を酷使されている方は、
巻き肩が強まり、より猫背となるパターンも少なくありません。

ちなみに回内、内旋とは
前腕は橈骨と尺骨の二本から構成されており、親指を身体側にして手のひらを後ろにする状態を回内といい、この状態の時、2本の骨は交差しねじれる位置にあります。
前腕がねじれると繋がっている上腕も内旋し肩関節も内側に巻き込んでいきます。

身体をリラックスさせる時、深呼吸や背伸びをしたり、大の字で仰向けになったりすると力が抜け気持ちよくなります!
その際、前腕は回内とは反対に回外(身体に対して親指が外側に、手のひらが正面に向く)をしているはずです!
その状態が筋肉にとっては最もねじれが少なくストレスを感じない体勢であり、本来、それを維持できることが理想の身体でもあります

上記のとおり
①と②は下半身から
③は骨盤と腕から
の猫背に結び付きやすいパターンを紹介いたしましたが、ほんの一部にしかすぎません。
例えば、何らかのケガをした場合、その部位を補うため、これまであまり負担の掛かっていない筋肉を過度に使用することとなり、本来の筋肉バランスが崩れ、述べた①~③の症状を生み出すことも考えられます。

結果として、猫背が原因で身体に辛い箇所ができているかもしれないのはもちろん、辛い箇所があれば、それが発端となって後々猫背になってしまうことも考えられます。
見ていかなければいけないのは、その部位だけでなく身体全体です!
もっと長い先を見据えて、しっかりと今から根底を改善していきましょう

トレーナー    中島
白石区 整体サロンhttp://seitaisalon.net/