ロゴ

地域1番店を目指して

頚椎ヘルニア、腰椎ヘルニア、後天的脊柱管狭窄症、すべり症、分離症の腰の慢性の痛みのことなら札幌市白石区にある整体サロンへ
回復にお困りの方や改善が難しい現状の方。(初期症状で手指で押すと疼痛を感じるがレントゲンではわからない等も)

店舗詳細

スタッフブログ

整体サロン 梨状筋症候群

以前別のトレーナーがご紹介いたしました

「坐骨神経痛! その1 梨状筋症候群!」

で取り上げた。梨状筋症候群を今回は掘り下げてご紹介したいと思います。

状態としては、

臀部にある梨状筋という筋肉の深部を通る坐骨神経が、

打撲や筋肉の緊張・弛緩などの要因で圧迫された事で、

臀部~下肢にかけて痛みや痺れが出る

という物を指します。

主に出る症状は、

脚に出る痺れや
腰の痛みなどですが、

ここまでだと椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛
もしくは、脊柱管狭窄症による坐骨神経痛と
見分けがつけずらいです。
先ず梨状筋症候群の
主に出る症状は、

脚に出る痺れや腰の痛みなどですが、

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症との大きな差は

「腰の痛み」がヘルニア等に比べ強くないのが特徴です!

大腿部の痺れの方を訴える方が
断然多いです。

他の判断材料としては、

・身体を前屈させると症状がより強くなる。
・座っている時に痛みや痺れが増す。
・立っている時や歩行時の方が楽である。
脊柱管狭窄症では、
前屈時は、症状が和らぎ、
後屈時に症状が増す為、
ここも、識別に役立ちます。

腰痛持ちの場合、痛む側を上に横向きになると痛みが減りますが

梨状筋症候群は、痛む側を上に横向きに寝ると痛みが増します。

特徴は以上の点が挙げられます。

原因としては、

梨状筋がある場所は坐骨神経の間と密接な位置であるため、

臀部周りから膝にかけてある坐骨神経に負担が掛かる場合は、

同様に負担が掛かっていきます。

長時間デスクワークでで臀部に負担が掛かる方、

股関節を内旋、外旋するスポーツをする方は、
梨状筋症候群が多いともいわれます。

もちろん全員がかかる訳ではございません。

下腿に痺れがある方や、
股関節回旋が多いスポーツをしていたり、
座り仕事が多い方は、
予防の為にも
梨状筋を弛緩させる整体を行うのは、
大変有効だと考えます。
上記の内容でお心当たりがある方や、

病院でレントゲンやMRIを取っても原因が分からない
いわれる場合、
梨状筋の状態や圧迫具合が分からない為、

梨状筋症候群ではないかと診断される場合があるみたいです。

どうぞ一度当院でご相談をされてみては如何でしょうか。

スタッフ一同、皆様のお力になりたいと思っております。

トレーナー 下保
白石区 整体 サロン
http://seitaisalon.net/