ロゴ

地域1番店を目指して

頚椎ヘルニア、腰椎ヘルニア、後天的脊柱管狭窄症、すべり症、分離症の腰の慢性の痛みのことなら札幌市白石区にある整体サロンへ
回復にお困りの方や改善が難しい現状の方。(初期症状で手指で押すと疼痛を感じるがレントゲンではわからない等も)

店舗詳細

スタッフブログ

整体サロン 腸脛靭帯炎

腸脛靭帯炎ってご存知ですか?
膝の外側に痛みを発症し、
ランニングによる膝関節周辺のスポーツ障害の総称として
ランナー膝とかランナーズニーとも呼ばれています!

膝が曲がっている状態から伸ばした時、
ランニングでいうと地面を蹴る時や
ランニング後に疼痛を感じる事が多いのです。

腸脛靭帯は大臀筋(お尻)や大腿筋膜張筋と繋がっており、
股関節の外側から太ももの外側を通り膝関節を超えて脛骨(すね)の部分に付着している靭帯です。
※写真は脚を横から見た図です。

FullSizeR

この腸脛靭帯が膝関節の屈伸時に
膝関節の上の骨、大腿骨の外顆と言う外側に出っ張っている骨と擦れ合い、
摩擦され続ける事で炎症を起こします。

膝に負担が掛かり過ぎと言われる事も多いようですが、
当院としては、
大臀筋や股関節周囲の筋肉の萎縮が強くなると
腸脛靭帯もピーンと張ってしまうので
その状態から屈伸運動を行えば膝への負荷が強まり、腸脛靭帯炎になる1つの原因と考えます。

なので、治療をする時は膝だけではなく
お尻や股関節周囲の筋肉も念入りに伸ばします!

ランニングの他にも
登山や陸上競技やバスケ、自転車、スキー、エアロビクスなどのスポーツも発症する方が多いです。

もちろん、筋肉に大切な栄養面や硬い地面での運動(環境)や
ソールの硬い靴なども原因としてあげられますが、

普段の姿勢、骨盤の歪み、O脚やX脚など脚の歪みも
腸脛靭帯を突っ張り硬くする要因なので、
過度なスポーツをしていなくても、階段の昇り降りでも膝の外側が痛くなったりします。

よく、『テニスしてないのにテニス肘って言われた』
と言うようなお話を耳にします!

これと同じですね!
そのスポーツをしている方に発症が多いことから病名を付けられておりますが、
していなくても、痛みはでるのです!

その痛みに関連している筋肉を伸ばして
痛みから解放されましょう!

ちなみに、
私の地元でエアロビクスとキックボクササイズなどのインストラクターをしている親友から、
ずっと膝の外側が痛くてセルフケアしていたけど、最近は激痛で辛い。と電話がありました!
今月地元に帰って親友のレッスンを受けるので、そのお礼に、しっかり治療をしてあげようと思います(*≧艸≦)

トレーナー 清野

白石区 整体 サロンhttp://seitaisalon.net/