ロゴ

地域1番店を目指して

頚椎ヘルニア、腰椎ヘルニア、後天的脊柱管狭窄症、すべり症、分離症の腰の慢性の痛みのことなら札幌市白石区にある整体サロンへ
回復にお困りの方や改善が難しい現状の方。(初期症状で手指で押すと疼痛を感じるがレントゲンではわからない等も)

店舗詳細

スタッフブログ

身体にとって大切な物の1つ!

整体サロン 身体にとって大切な物の1つ!

これまで
アキレス腱周囲炎、モートン病を紹介してまいりましたが

どちらにも共通してあったのは
足にあった靴を履くというものです。

当院へご来院された方もトレーナーより
一度は「靴は大事です!!」と
その理由も含めてお聞きした事があるのではないでしょうか。

まず”お洒落は足元から”というフレーズ耳にした事がありませんか?

生活しやすい季節になり着るものも薄着になってきましたね。
足元も軽やかにしたいですよね!

身体に大きく負担をかける靴と思うものの中に
ハイヒールがあります。

ハイヒールはつま先で立つことにより
足首がキュッと絞まり膝の位置が高くなる事から
脚が長く綺麗に見えます。

その反面
つま先は細く靴底は硬く
つま先重心になります。

先が細く重心がつま先にかかる事より
外反母趾や内反小趾(小指が親指側に曲がる)になり
モートン病へつながり

つま先に力が乗る事で
つま先は内側に向き(親指側に力が乗る)
膝が前に曲がり骨盤が前に倒れます。

身体を真っ直ぐに保つ為には
太ももの前側の筋肉(大腿四頭筋)に相当の力を入れなければなりません。

四頭筋は《大腿直筋、外側広筋、中間広筋、内側広筋》からなるもので
この中の大腿直筋が骨盤に付いています。
大腿直筋は股関節の屈伸、膝の進展に作用します。
四頭筋に力が掛かると骨盤が前に下がる為これを起こすには
背筋に力がなければ骨盤が起き上がらず
腰が反った状態になり腰痛を起こしてしまうのです。

また整体サロンのブログを見てくださってる方はご存知かと思いますが
骨盤が安定してないと首、肩にも負担が掛かりますよね!

そして
つま先が内向きの足首の捻じれ
合わせて靴底が硬いと踵も硬くなりアキレス腱への影響からの
アキレス腱周囲炎につながり
この影響で足首の捻じれから靴擦れの痛みで
正しい足の使い方が出来なくなったり・・・・

でも不思議な事に
筋肉は固い物の上に座ったり立ったりしていると
敏感に反応し硬くなっていきますが
使い続けている間に
硬さは増しますがそれに
慣れてしまい、感覚も鈍くなり対応できてしまうのです。

しかしそれは大きな痛みや障害となって知らせがくるのです。

では
どんな靴を履けば良いのか?

そこの硬い靴は足裏の筋肉の動きを無くし
足の縦のアーチを無くし

つま先の狭い靴は足指の筋肉の動きを無くし
足の横のアーチを無くします

安定感の無い靴は
足首、膝、股関節に負担をかけます

となると
上記の事を全て逆の発想で考えると
浮かんでくるのは

そうなんです!

”ランニングシューズ”なのです!!!

靴屋さんに行くと
ランニングシューズのコーナーに沢山の種類の靴がありますね。

皆さんそれぞれ好みのメーカーやデザインあると思います。

私がランニングシューズを選ぶ時の基準は

1、履いた瞬間足の裏が柔らかいと感じる事
2、歩行のとき靴底が足の裏に無理なく付いてきてくれる事
3、そして何より”軽い”と感じる事

です(^^)!!

IMG_6679

私はこの靴に切り替えてから
首や肩に力が入りづらくなったと実感しています。

でも、冠婚葬祭、たまにはお洒落したいときもあり
踵に高さのある靴を履くときもあります。
分かってて履くので姿勢や足の向きなど気を付けていても
やっぱり疲れてしまいます。

そんな時は
青だけ踏み踏みしたり、開脚してみたり、
ゆーっくり湯舟に浸かってみたり
ケアをして
また足に優しい靴で通常運転!!!
回復させます(^^)

今回はハイヒールを例題にあげましたが

ペタンこの靴底の薄い靴やサンダル
男性の靴底の固いビジネスシューズも例外ではありません。

今までの靴に慣れてこのままでも大丈夫!と
思っている方でも試してみる価値はあると思います。

身体によい習慣はまだまだ沢山あります。

一緒に改善していきましょう!

トレーナー 安藤

白石区 整体サロンhttp://seitaisalon.net/