ロゴ

地域1番店を目指して

頚椎ヘルニア、腰椎ヘルニア、後天的脊柱管狭窄症、すべり症、分離症の腰の慢性の痛みのことなら札幌市白石区にある整体サロンへ
回復にお困りの方や改善が難しい現状の方。(初期症状で手指で押すと疼痛を感じるがレントゲンではわからない等も)

店舗詳細

スタッフブログ

整体サロン 頭って凝るの?

施術中に、患者様からの質問の中の多くに
「頭って凝るんですか?」
「頭って筋肉あるんですか?」
などがあります。
と言いますのも、当院では首や肩凝りの施術の際に、頭部の施術もすることが多く、患者様はその時に初めて頭も凝っているのだと実感されたりもします!!( ; ロ)゜ ゜

まず、頭を構成している主な筋肉には
・前頭筋
・後頭筋
・側頭筋
などがあり、いずれも頭痛などを引き起こす原因となりやすい筋肉でもあります。
また、帽状腱膜という頭部を被う薄い腱膜が広がり、上記の筋肉はそれらと結合し、1枚の布の様に頭部を被っています。
1499606481373 (1)
続いて、それぞれの筋肉の特徴についてです( ̄0 ̄)/

(1) 前頭筋
帽状腱膜から起始し、眉間や眉部の皮膚に付着している、おでこに当たる筋肉です。
主な働きは、眉毛を挙上させたり帽状腱膜を引っ張る、また、瞬きなど目を動かす動作などにも間接的に関与しています。
凝り固まることでおでこの横じわを形成するなど、表情筋として大きく働きます。

(2) 後頭筋
後頭骨から起始し、帽状腱膜に停止する筋肉。
帽状腱膜を後方に引っ張る作用があるため、前頭筋との動きに大きく関与している。
前頭筋が前方に動きおでこに横じわを作ると、後頭骨が帽状腱膜を後方に引きおでこを滑らかにする、など互いに表情を作る筋肉として連動している。

(3) 側頭筋
側頭骨の側面全体に付着し下顎骨に停止します。
4つある大きな咀嚼筋の1つであり、下顎を強く噛む際に大きく作用します。
こめかみ周辺に広く付着しているため、噛みしめや食いしばりなど、噛む力が大きくなり筋肉の緊張が高まると、こめかみ付近の頭痛なども引き起こします。

これらの筋肉と帽状腱膜で頭部の広い範囲を占めていますが、その働きには、表情や顔の動きに関するものばかりです。
日常的に必ず活動しているものばかりであり、また、身体の不調の訴えに多い
・目が疲れる、まぶたが重い
・夜に歯ぎしりや食いしばり
・めまい、頭痛
など、直接的でなくとも間接的に深く関与しているものがほとんどです。

当院の施術では、現に辛く感じている箇所を直接弛緩させることはもちろんですが、引き起こす原因となる筋肉の流れや歪みを見て改善をしていきます。
そのため、首・肩凝りの施術で頭部を改善すると、自覚のなかった患者様からも
「視界が明るくなった」
「目がすっきりとした」
などの声や、中には
「頭がかゆくなってきた」
「髪の毛がゾワゾワする」
など、頭部の毛細血管が拡張して血流が良くなることで、このような反応が出る患者様もいます。

そして…

顔や頭の筋肉を動かすということは

顔のしわ、たるみ、目の下のくま!!
頭皮や髪の毛の悩み!!

などにも効果が期待できる箇所でもあります\(^-^)/
私もそろそろ気になり始めが・・・

これまでの紹介はあくまでも頭の主要な筋肉であり、顔やより小さな筋肉なども含めば悩みの根元は他にもあるかもしれません。
しかし、頭痛などに悩まされている方だけでなく、ストレスや美容に悩んでいらっしゃる方も是非改善していただきたい部位でもあります!( >Д<;)

まずは気になっていること、改善したいことがありましたら是非ご相談下さい(*^^*)

トレーナー    中島
白石区 整体サロンhttp://seitaisalon.net/