ロゴ

地域1番店を目指して

頚椎ヘルニア、腰椎ヘルニア、後天的脊柱管狭窄症、すべり症、分離症の腰の慢性の痛みのことなら札幌市白石区にある整体サロンへ
回復にお困りの方や改善が難しい現状の方。(初期症状で手指で押すと疼痛を感じるがレントゲンではわからない等も)

店舗詳細

スタッフブログ

整体サロン 腰痛や肩こりに繋がる足の指の大切さ

 

私の住む札幌は

例年に比べると雪が溶けるのが早く

快適に歩けるようになってきました(^^)v

冬道などで足場が悪くなる季節を越えると
腰痛をはじめ、膝痛、股関節痛、足の裏や指の痛みなど

寒さや使い慣れない筋肉の過度な緊張により

様々な症状に悩まされる方が増加しそれらの症状の

原因の1つとして共通しているものに

『足の指の力が足りない!!』

ことが挙げられます。

これまで

足にまつわる症状をブログで紹介してまいりましたが

その中に

・足の裏は

縦のアーチと横のアーチが形成され衝撃吸収や体重移動などの動作に関わるクッション性を生み出している。

・足裏のアーチが減少することで

クッション性が失われ衝撃が他関節や筋肉の

サポートを受けるため膝や股関節、腰などに

負担をかける。

・外反母趾や

扁平足になるメカニズムや発症後の身体への影響。

など取り挙げてまいりました。

足の使い方、重心のかけ方なとでバランスが偏り

正しい歩き方が出来ていない為にアーチは本来の形を

維持できずに崩れていきます。

そもそも正しい歩き方をする為には
姿勢を意識することはもちろんですが

・動作の方向
・意識する筋肉

などもコントロールすることが重要です!!
筋力トレーニングなどでも

よく鏡の前でフォームの確認や鍛える部位を

意識させるなどは効果に大きく差が生まれます!!

そこで今回注目していくのは

『足の指の力』です\(^o^)/

自分の足の指の力って気にした事ありますか?

そもそも地面を踏む、蹴る
足の指の力が無いと成立しないのです(><;;)

足の指を握る動作をしてもらうと
指を上手に動かせない方
指は丸められるがギュッと握る力が無い方など、
上手に足の指を使えていない方は多いはずです。

歩くときの足関節は

・背屈~つま先を上に上げる
使用する筋肉→脚の前側(前頸骨筋)

・底屈~つま先立ちをする動作
使用する筋肉→脚の後側(腓腹筋、ヒラメ筋、下腿三頭筋)

の動きを繰り返します。

これらの動作に使用している筋肉はいずれも股関節へ

繋がる筋肉であり各筋肉への負担が分散し

偏りなく伝わることで股関節や骨盤を初め

下半身がしっかりとした支えになるため

上半身も安定します。

では、歩行時の足裏はどう働いているのでしょう?

足の指を使わないで歩き続けたり

いかなる動きに対しても指の使用頻度が

減少してくると、

指の筋肉そのものが使用されないことで

硬くなってしまったりそれ以外の足裏ばかりに体重が

乗るため負荷は分散されなくなってしまいます。

その結果、先に述べたようなアーチの減少から
《浮き指》
《外反母趾》
《外又歩き》
《内股歩き》
や、その他にも様々な症状へと発展していきます(×_×)

足の指をしっかりと使用して鍛えられることで
足裏の負担が減り足裏の負担が減ることで
足全体が!
股関節が !!
腰が !!!
肩が !!!!
というように身体全体に影響をあたえます。

ジャンプをする時、階段や坂道を登る時、
足の指を使わずに動作はできますか?

指を使わないだけで身体能力は激減し

また衝撃も吸収できなくなります。

人は多くの関節を使うことでよりたくさんの筋肉を

使用するため少ない負荷で大きな力を

得ることができます( ☆∀☆)

さて、足の指5本分を使用すると使う関節は何個増えるでしょう??

指まで意識して歩くのはもちろん良いことですが、自然と使用できるように普段から鍛えていきましょう\(^^)/

足の指でグー、チョキ、パーできますか?
(チョキは厳しいかも(笑))

足の指で床に置いたタオルを持ち上げることは出来ますか?
42650005-B1E8-406F-9292-5EF37774CD4AF5AE1044-46E8-46AB-B888-10AAFAE01DBB

そのタオルを前に飛ばしてみたり!!!!

ちなみに
私は指歩き→足の指の力で前に進むことが出来ますO(≧∇≦)O

皆さん確かめてみましょう!!
そして身体を正しく支えられる足へと改善していきましょう(*^^*)

トレーナー安藤
白石区 整体サロンhttp://seitaisalon.net/