ロゴ

地域1番店を目指して

頚椎ヘルニア、腰椎ヘルニア、後天的脊柱管狭窄症、すべり症、分離症の腰の慢性の痛みのことなら札幌市白石区にある整体サロンへ
回復にお困りの方や改善が難しい現状の方。(初期症状で手指で押すと疼痛を感じるがレントゲンではわからない等も)

店舗詳細

スタッフブログ

整体サロン テニス肘って言われたんですが・・・

先日、来院された男性の方から、「テニスなんてしたことないのに、病院でテニス肘と言われました。」と肘の症状を訴えており、担当させていただきました!

ということで、せっかくなのでそのテニス肘についてご紹介したいと思います(^-^)

まず、テニス肘は正式名称は上腕骨外側上顆炎(じょうわんこつがいそくじょうかえん)と呼び、テニスプレイヤーに症状が多く出やすいことから、俗称としてこの名がついております。

テニス肘の症状としては以下のようなものが挙げられます。
・物を持ち上げる時痛い
・何かを絞る時に痛い
・安静時に痛みは無い
・肘を伸ばそうとすると痛い
・肘の外側から前腕にかけて痛い

テニス時にバックハンド(テニス・卓球などで、ラケットを持つ手の反対の側へきたボールを打つこと)時に肘の外側に負担が掛かり発症することがあります。

それとは反対に、フォアハンド(テニス・卓球などで、ラケットを持った手の側に来たボールを打つこと)で打つ時には、内側に痛みを生じることが多く、

その際の症状は、上腕骨内側上顆炎(じょうわんこつないそくじょうかえん)と分類されます。

しかし、どちらもテニスをしている際に伴っている痛みですが、肘の故障ではバックハンドによる外側の痛みが出る割合の方が多いため、
外側    ⇒    テニス肘
内側    ⇒    ゴルフ肘
と、一般的には区別されています。

外側上顆(肘の外側)と内側上顆(肘の外側)と言う部分には、指先まで続く筋肉が多く走っております!

主に手首をひねる時や、手指の開閉時に使われる筋肉です。

そのため、テニスだけでなく、腕や指にかける力が強かったり、ねじる動作や弱い力でも常時負荷が掛かる作業など、疲労が蓄積されるとテニス肘の症状を引き起こしてしまいます(×_×)

テニス肘で来院された方で、以下のような場合も多くあります。
・デスクワーク
~パソコン操作や書き物が多い
・家事が多い
~料理の際の包丁や、反対に押さえる手に力が入りやすい。
~掃除の使用する手がいつも一緒
・スマホの画面操作時に触る指や姿勢が偏る
・バッグや荷物の持ち手がいつも一緒
・子供の抱っこが多い
などなど・・・
日常生活の何気ないことが原因でなる場合もたくさんあります(´д`|||)

肘が痛く病院で受診しても、安静にするように、湿布を貼るように、と言われた方もたくさんいらっしゃるかと思います。

しかし、日常的に使う腕が上手く使えないと生活が成り立たなくなってしまいますし、
テニス肘も含めて、腕の故障の多くは一度痛みが引いたと思っても、実は再発しやすい症状がほとんどなんです(><)

この度施術させていただきました方は、デスクワークでのパソコン操作が多く、それを物語るかのように右腕が回内(手首を内側に回転する動き)して固まっている状態でした!
施術では、その回内によって捻れてしまっている筋肉を弛緩させ、肘周辺の圧迫を改善していきました!!
施術後は、痛みはほとんど感じない程度にまでなりましたが、それ以上に肩関節が楽になりましたとのお言葉をいただけました( ☆∀☆)
腕が回内して肩関節もまた巻き肩になってしまっていたものが、施術により正常な位置に戻ったためですね!!

痛みの出ている肘や腕の筋肉を休めるのはもちろんですが、原因となる筋肉の状態を完全に弛緩させたり、そうなってしまった筋肉や骨格、姿勢や動作など根本的な原因を見つけ改善していきましょう\(^^)/

トレーナー 下保健太郎
白石区 整体サロン http://seitaisalon.net/